三大機能
多様な形体(液体・塗料・粉体・顆粒)があり総合的な解臭システムが可能

「エフニカ」は、ほぼ中性の水溶液中で鉄イオン が鉄キレートととして安定化されています。その上に無機成分(例えばチタン・シリカ・アルミニウム・マグネシウム・セピオライト・ゼオライトなど)を分散あるいは液状状態で混合使用できる安全で安定な物質です。
従って、用途も噴霧状・水溶液状・分散状は勿論のこと、無機・有機バインダーを利用したハイブ リッド被膜状態・粉末状態・混合状態など数多くの利用面を有するユニークな基材であるのです。

一方、生活空間にある異臭は、アンモニア・アミン類など塩基性ガ スや硫化水素・メチルメルカプタン・低級脂肪酸のような酸性ガスが多く、時に臭気をもつ有機化合物で中性ガスのものもあります。「エフニカ」はこれらの臭気 に対して広く応用できるように設計されている為、消臭機能のみでなく多機能な特徴を有し、次の様な機能が考えられます。

以下のエフニカの3機能は単独または、他の無機成分と相乗作用として効果を示すものです。


① 鉄のキレート化合物には触媒作用があります。
分散相の表面に吸着された触媒表面で酸素が接触的に反応すれば酸化作用が起こり、硫化水素を脱臭して異変が起きないのは硫化水素が酸化されて水と硫黄になっていると考えられるからです。これ等の反応は空気によって促進されます。

② 酸化還元現象・鉄化合物には酸化還元性があり、第一鉄化合物は本来還元性であり自らは酸化された第二鉄化合物になります。

③ 緩衝現象・捕集された悪臭が塩基性・酸性に応じて、それを中和して消臭すします。エフニカは緩衝作用があって複雑なイオン平衡によってpH値は急激に変わりません。